« ビンゴ | トップページ | 天気予報 »

2006年12月10日 (日)

12月の風物詩

仕事で長野に一週間ほど行っていたのですが、やっと

疲れがとれてきました。

禄太朗は、ようちえんとragazzaさんのおうちにお世話になり、

無事に1週間を乗り切りました。

ragazzaさん、ようちえんの皆様、ありがとうございます!

戻ってきてから、写真もとっていないのですが・・・。

たまには禄太朗ネタ以外でアップしてみますね。

早いもので、今年も師走。

先日、日本の12月の風物詩をふたつ体験しました。

ひとつは・・・。

「第九」。そうです、「歓喜の歌」で有名なベートーベンの交響曲第9番。

日本では12月になると、それはそれは人気の演目ですね。

 

もうひとつは・・・。

「もつ鍋」。いやあ、身体が温まります。日本人に生まれてよかったと

思う瞬間のひとつですね。

 

クラシックのコンサートの後に、もつ鍋。ちょっとギャップがあるように

聞こえるかもしれませんが、楽しい組み合わせですよ。

クラシックのコンサートもカジュアルな格好でOK。おしゃれしている方も

カジュアルな格好の方も、みなさん思い思いに音楽を楽しんでいらっしゃいます。

ミーハーな私は、「バリトンの人がかっこいい!」などど、イケメン探しまでして

一緒に行った友人に苦笑されました・・・。

 

もつ鍋に焼酎。あ~、至福の組み合わせです。

日本の12月の風物詩、次はなにを体験しようかなあ。

 

あ、早く年賀状つくらなくちゃ・・・。

|

« ビンゴ | トップページ | 天気予報 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ビンゴ | トップページ | 天気予報 »